体験予約 LINE予約

blog
ブログ

自宅で王道家のラーメン作ってみた

みなさま、王道家というラーメン屋さんはご存知でしょうか。

私はこちらに足繁く通っておりまして、高校生の頃からかれこれ200杯くらい食べました。

いわゆる家系ラーメンというものでして、一度食べたら脳みそをハッキングされたかのような感覚に陥ります。

家系は脂っこくて苦手という方も是非一度食べてみてほしいです。

そんな王道家さんですが、最近チルド麺を日清とのコラボでリリースされました。

あの王道家を家で食べられるともなれば、胸が高鳴ります。

今回はスーパーでこの宅麺をゲトったのでレビューしていきます。

お店の味をどこまで再現できているのか、お伝えいたします。

それでは、参ろう。

まず、ご注目頂きたいのが、このパッケージですよ。

この社長の気迫のこもった表情。そして真ん中には、「王道家」の文字

スーパーの売り場に並ぶこのパッケージを見たとき、思わず背筋がのびました。

こわい生徒指導の先生に廊下であった時のような緊張感です。

素晴らしいパッケージです。かっこいい。

中身はこちらです。

麺 スープ  ラーメン酢 がそれぞれ2個ずつ。

個人的には、チャーシューが入っていないのが残念でした。

あのスモーキーなチャーシューを食べれると勝手に舞い上がっていた僕が悪いです。

そして、ひとつ驚きだったのがラーメン酢が入っていることです。

お店にはデカい瓶で置いてある酢ですが、正直あんまり使ったことはありません。

本来のスープが美味すぎてあんまり味変をしないのです。

しかし、清水社長がこの酢を入れてきたということは、王道的にもオススメトッピングなのか?

と考えると意外でした。

欲を言えば、ほうれん草も欲しかったですが、2人前で600円でしたから。

欲張るのはやめておきます。

麺を茹でます。

あの麺を、己の右手で掴むときが来るとは。

独特な高揚感のなか、湯が沸くのを待ちます。

待てよ? なんか細くね?

いや、茹でたら、太くなるんだろう。そこは後でジャッジしよう。

一旦、王道家の麺だと思ってニヤニヤします。

茹でます。

3分が規定の湯で時間なので、一旦2分で様子を見ます。

麺を茹でている間に、スープをお風呂に入れます。

丼もレンジで熱々にします。

なんか、お店でも丼をあっためてますよね。

美味しいラーメン屋さんはどんぶりが熱々です。

今日の僕はラーメン屋さんになりきって、至極の一杯を作る。

生活感、丸出しで草。

湯切りだ。わーい。

海苔とネギをトッピングして完成です。

見栄えは、まぁまぁといったところでしょうか。

ここで、王道家のお店でのラーメンと比較してみましょう。

悪魔的ルックスとはこのこと。

本物はうまそうすぎますね。

やっぱり、ほうれん草も用意すればよかったと後悔しながら、自作ラーメンを食べ始めます。。

うまい!

麺はお店ほどモチモチしておらず、チュルリとした食感です。

やっぱりお店よりも細めでした。

コレはコレでうまい。

肝心のスープは、お店よりも薄めでした。

宅麺だから子供や女性でも食べやすい濃さにしているのかも。。

醤油の香りはしっかりしています。豚骨は、レトルト感がありました。

お店で頂いたときの、脳味噌に弾丸食らったような衝撃はありません。

しかし、なかなかお店の味を再現できていると感じました。

自宅でこの味を楽しんでいると、「あれ、ここドコだっけ?」と、一瞬お店にいるかと錯覚しました。

海苔でライスを巻いて頂きます。

この食べ方を家でのんびりテレビを見ながら楽しめるのは

新しい体験でした。ブラボー

最後に、勝手ながら採点をします。

王道家さんのお店のラーメンを100点とすると、

こちらの商品は

85点!!

麺やスープは、当然かもしれませんがお店の味には敵いませんでした。

しかし、なかなかの再現度でした。

忘れてはならないのが、この商品の価格は600円です。

お店の一杯分よりも安い!

味、価格を総合的にみてこの点数です。

ごちそうさまでした。

ラーメンの後はデザートです。

コレも宅麺ならでは

僕の鬼リピです。

甘めのヨーグルトでお口をさっぱりさせて、フィニッシュです。

みなさまも是非、王道家の宅麺食べて見てください。

全国の家庭に王道家の商品が届くのは、ファンとして嬉しいです♪