体験予約 LINE予約

blog
ブログ

【カプサイシン】辛いものがダイエットに効果的な理由

カプサイシンって何?

 

みなさま、辛いものお好きですか?

僕は、辛すぎるものはあんまり得意ではないのですが、いわゆる旨辛系の料理に最近ハマっています。

辛い食べ物の含まれるカプサイシンがダイエットに効果的なのです。

ダイエットメニューがマンネリ化してきたときに、辛い物を是非取り入れてみてください!

では、ダイエットに効果的な理由をみていきましょう!

カプサイシンはカプサイシノイドと呼ばれる天然の有機化合物の一種です。

カプサイシンを豊富に含むとされる代表的な食べ物は「トウガラシ」です。

トウガラシを食べたときのあの独特の辛さがカプサイシンの出す辛味だと言うことになります。

カプサイシンの性質としては「気体になりにくい」「加熱しても壊れにくい」というものが挙げられます。

気体になりにくいためトウガラシを細かく砕いてもカプサイシンが逃げるといったことはありません。

また、加熱にも耐えるため料理中にトウガラシを使用してもその辛味成分が弱まることはありません。

このような性質があるため、トウガラシは様々な料理で活躍しているのですね。

カプサイシンのもつ効果

ずばり!血流を良くする!

カプサイシンが体内に入り消化管から吸収されると、神経系を介して副腎からのアドレナリン分泌を促進します。

アドレナリンは運動中や、カラダが興奮状態のときにでるホルモンです。

アドレナリンがたくさん出ることによって発汗作用を得ることができ、結果血流の改善にも繋がります。

血流がよくなれば体内の老廃物を排出する働きも強くなりますし、身体の先まで栄養を行き渡らせることができるようになります。

ダイエット中は限られたカロリーしか摂取できません。この有限の栄養を効率よく身体が吸収するためには血流の良さは重要です。

 

体脂肪を燃やす

体脂肪を燃やすときには、血流が大いに関与します。カプサイシンによって血流が良くなる。したがって体脂肪も燃えやすい環境になる。という仕組みです。

冷え症を改善

カプサイシンにはアドレナリンを出して身体をポカポカさせてくれる働きがあります。

血流が良くなるということは同時に「冷え症の改善」にもつながるということです。

冷え症は様々な病気のもととなるものなので、辛味成分であるカプサイシンを摂って予防できるのはありがたいですね。

さらに、血行が良くなることになり「むくみの改善」にも繋がります。

カプサイシンを効果的に摂る方法

・トウガラシを利用する

トウガラシの一種である「鷹の爪」はスーパーなどでよく売られており、比較的手に入りやすいものです。

鷹の爪にはカプサイシンが豊富に含まれているので、鷹の爪を摂ることで効率的にカプサイシンを摂ることができます。

・サプリを利用する

カプサイシンを摂ることができるサプリも存在します。

サプリを利用することで得られるメリットは「辛いものを食べずにカプサイシンを摂ることができる」ところです。

逆にデメリットは「摂取する栄養素を計算しないと摂りすぎる可能性がある」というところです。

サプリには食べ物を食べているという感覚がないため、満足感が得られにくいです。

サプリが原因で身体の栄養素のバランスが崩れてしまうといった事例はたくさんあるため、できれば天然の食べ物から栄養は摂るのが無難です。

・キムチを食べる

「トウガラシは辛すぎる」という方にとって現実的な方法は「キムチを利用する」ということでしょう。

何より美味しいですし、発酵食品であるため腸内環境も良くしてくれます。

キムチにもカプサイシンは含まれており、低カロリーのためダイエット効果も期待できます。

また、キムチは具材の種類がとても豊富であることも嬉しいポイントです。

できるだけ辛いものを摂ることでカプサイシンの効果を得られやすいと思います。

筆者は、とりの胸肉にキムチをのせて食べています。いつもの鶏ムネに飽きてしまった方にオススメです。

最後まで、読んで頂きありがとうございます。

本日の筆者は、カロリートレード ジャパン松戸店代表の五十嵐でした!!

キムチって豆腐とも合うしお肉にも合うし完全にダイエットの味方ですね、、

 

松戸店では、トレーニングの体験、施設見学を無料で実施しております!

お気軽にお問い合わせください!

店舗は、新京成線「みのり台駅」徒歩1分!

お豆腐屋さんの2階です。