体験予約 LINE予約

blog
ブログ

腹ぺこはアカン アセアセ^^;

ダイエット中の筋トレだからといって、

トレーニング前に食事を摂らずに、腹ペコでトレーニングを行うとデメリットが多いです。

また、筋トレで身体をデカくしたい男性も腹ペコには要注意です!

食べ過ぎもダメだし、腹ぺこもダメ。

あれもダメ、コレもダメ。嫌になりそうですよね。

最初は、ちょっとは意識するところから始めてみましょう。

それでは詳しく解説です。

空腹時のトレーニングは効果が見込めない?

 

空腹時のトレーニングがよくないとされている理由は、

トレーニングに使用するエネルギーが不足しているためタンパク質をエネルギーとして使ってしまうからなのです!

エネルギーとして使われる糖質などが不足しているとパフォーマンスにも影響が出てきてしまいます。

効率的なトレーニングやダイエットを行う上でのトレーニング前のエネルギー摂取は、しっかりと取ってあげるようにしていきましょう。

筋肉がエネルギーをになってしまうの?

糖質が不足している状態でトレーニングをすると、

筋肉を効率的に鍛えることはできません。

先ほども言ったように、糖質が不足していると筋肉はタンパク質をエネルギーとして使用してしまいます。

タンパク質は、筋肉が合成していくうえでも必要な栄養素となってくるため、

鍛えているうちに消費してしまっては合成するときの材料となってくれるものが不足した状態になってしまうのです!

筋肉をつけようとトレーニングしているのに、

筋肉に必要なタンパク質を使ってしまうといった状態になってしまうのはよくないですよね アセアセ

 

集中力の低下!

糖質が不足していると頭がボーっとしてしまったりと、集中力の低下の原因となってしまいます。

トレーニングを行うときに集中力を持続させることはすごく大切になっており、

集中力がない状態でトレーニングを行うと怪我をしてしまったり、

インターバルで携帯などをずっと見てしまったりしてトレーニングがスムーズに行えない状態にもなってしまいます!

特に、重量を扱えるようになってくるとトレーニング中のケガも起こしやすくなってくるため、

ふと、気が抜けてしまった時など、

ほんの一瞬でも事故となってしまうことにもなってしまうので注意していきましょう。

ダイエットによっては、糖質を制限することもあると思いますが、

トレーニング前後の食事は脂肪になりにくいため、

おにぎり一個くらいの糖質なら大丈夫なので摂ってあげるようにしていきましょう!

逆にトレ前のドカ食いもアカン!

空腹な状態でのトレーニングは、効果があまりないと思います食べ過ぎた状態でトレーニングを行ってしまうと、

食べたものの消化がされていないと消化不良などを引き起こしてしまう原因になってきてしまいます。

消化している時にトレーニングを行うと、消化用のエネルギーが筋肉用のエネルギーに筋肉に流れて行ってしまいます。

よって消化が不十分になる場合があります。

理想はトレーニングを行う、1~2時間前に食事を摂って、

筋肉にエネルギーを使っても大丈夫な状態にしてあげておくようにしましょう!

もし、時間が取れずにトレーニングを行うといったような状態のときは、

バナナやウイダーみたいな消化の早いものを食べるのもオススメです。

まとめ

腹ぺこで筋トレすると質が下がる

腹ぺこで筋トレすると筋肉が減るかも

トレ前は消化の良い糖質がオススメ

 

==============================================================

現在、ご自身の身体についてお困りの方はぜひ私にご相談ください。いつでもお待ちしております。

カロリートレード ジャパン松戸店は完全予約制でのマンツーマントレーニングになりますので、人目を気にすることなく安心して運動ができます。

必ず結果を出したい、今の自分を変えたいと本気で思っている方はぜひ一度お問い合わせ下さい。

無料カウンセリングと体験トレーニングでお話をお聴きして、最適な案をご提案致します。

カウンセリング予約は、コチラ

本日の筆者は、カロリートレード ジャパン松戸店代表の五十嵐でした!!

楽しく運動をして、その後の皆様の生活を向上できるように日々営業しております。

是非、一緒にダイエットやトレーニングを、頑張って行きましょう!

店舗は、新京成線「みのり台駅」徒歩1分!

駅前のお豆腐屋さんの2階です!