体験予約 LINE予約

blog
ブログ

酵素を理解すればダイエット成功は近づく

酵素を知れば、カラダは変わる

 

「酵素」よく耳にする言葉ですが、その正体について簡単にご紹介いたします。

酵素は人間が生命を維持していく上で、水や酸素と同じように必要不可欠な物質です。

人間は生きていく上で、取り込んだ栄養成分の消化・吸収・分解といったプロセスが不可欠ですが、そのためには酵素が絶対に必要です。

人の体内では、常にさまざまな化学反応が起こっており。

酵素は、体内で化学反応を起こさせるための役割をする「たんぱく質」のことを言います

人を含む生物が、摂取した食べ物を消化・吸収・代謝したり、体内で起こる化学反応には、この酵素が必要になります。

しかし、酵素は、それぞれある特定の反応しかすることができません。

例えば、たんぱく質を分解する酵素は、たんぱく質を分解することしかできず、でんぷんや脂質を分解することができません。

でんぷんや脂質を分解するためには、また、別の酵素が存在します。それぞれ担当が決まっているということですね。

これを酵素の特異性といいます。

様々な食品に対応するために、ヒトの体内には、約5,000種類もの酵素が存在します。

酵素は、消化、吸収、代謝など、体内のあらゆる反応に必要な物です。

なかでも、消化において酵素は物凄く重要な役割を担います。

消化酵素は先程も少し説明した通りそれぞれある特定の反応しかすることができません。でんぷんを分解する酵素、たんぱく質を分解する酵素、脂質を分解する酵素に大きく分けられます。

例えば、でんぷんをブドウ糖に分解する酵素の「アミラーゼ」、たんぱく質をアミノ酸に分解する酵素の「プロテアーゼ」、脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解する酵素の「リパーゼ」と言います。

中学校の理科で習うやつですね(笑)

また、体内では消化の他に代謝においても重要な役割を果たしています。

吸収された栄養素からエネルギーを作り出し、体内の有害物質を処理して尿などと一緒に排泄する反応の他にも、体の成長、免疫反応、体の調節機能などにかかわる多くの反応に酵素が関わっています。

よって、体内で作りだされる酵素の量が少なくなると、体の不調につながる可能性があります。

また、他のたんぱく質と同様、酵素は、体の中で、合成されていますが、加齢と共に酵素を合成する力も衰えてきます。

そのことから、加齢により消化や代謝の力が弱くなってしまいます。

その他にも、たばこを吸ったり、お酒を飲んだり、スナック菓子、ファーストフード、加工食品、食品添加物、薬、過食、ストレス、など様々な原因で酵素が減って行きます。

こういったことから、現代人は酵素不足といえるのです。では、どの食材を摂取すれば酵素不足にならないのでしょうか。

酵素は生の肉や魚、生野菜、果物などに含まれています。

みそ、納豆、ぬか漬けなどの発酵食品にも、酵素が豊富に含まれています。

この生の食べ物や発酵食品に含まれている酵素のことを食物酵素といいます。

秋の味覚である、サンマの塩焼きの横には大根おろしが添えられてますね。もちろん一緒に食べると美味しいという理由も考えられますが、栄養面でもメリットがあります。

大根おろしを、焼き魚と一緒に食べると食物酵素として消化を助けてくれます。

つまり、効率よく栄養を吸収するためには、酵素のもととなる物も一緒に食べる必要があるということですね。

積極的にタンパク質を摂取していても酵素が不足していては、せっかくのタンパク質があんまりカラダに吸収されないということになってしまします。

まとめ

・酵素は栄養を吸収するために絶対必要

・様々な食品から酵素をとることが理想

・〇〇だけ系のダイエットは酵素が不足しがち

 

以上、本日は酵素についてご説明いたしました。

筆者はカロリートレード ジャパン松戸店の五十嵐でした!

当店は、無料の施設見学など承っておりますので、当ホームページの「体験予約」よりお問い合わせくださいませ!!